FC2ブログ

アジト班、赤き戦場に赴く。

赤き戦場とかいう対戦場ができたようですねえ。
対人そのものが好きじゃないてんちゃといたしましては、対戦場などまったく興味がなかったのです。
実装当日は勝ったの負けたの何が出たの出なかったのとクラチャは大賑わいでしたが、ふーん、、、ってな感じで軽くスルーしておりました。

でもね、チャット部を自認するだけあって、クラチャを長時間まったく無視しているのはむしろ苦痛なのです。
で、ちらちらとのぞき見していると、どうやらガチでバトルしに来る人は少ない感じ?
負けても何かもらえる感じ?
サブキャラだろうと捨てキャラだろうと、もらえるものに違いはない感じ?

ふみゅ。
ペットマッチと同じようなシステムなら2PCで行けるんじゃね?
夜の部は人も多そうだし邪魔になるかもしれないけど、昼の部ならなんとかいけるかも?
待機している人が多そうだったらやめておこうと、とりあえずNPC周辺を偵察に行ってみると人が少ない!
っていうか、ほとんどいませんw
いまだ!ってことで、2PCでチャレンジしてみました。

2PCとは言っても、単にパソコンを2台使うというだけのことで、不器用なてんちゃには2PCを同時に動かすということができません。
同時に同じ位置まで歩くという初歩の初歩がそもそもできないのです。
何度も練習したんだけど無理だったのねん(´Д⊂
なので、同時クリックってのがうまくいくかどうか不安だったのですが、なんとか無事に同じ戦場に入れました!
150914_1.jpg
ただ、、、低レベルの倉庫プリキャラでは召喚の玉が割れない・・・
制限時間内に割れずに消えていく虚しさったら。。。(´Д⊂
余計なとこで時間くってしまいましたが、3玉目でようやく召喚に成功し、決着がつきました。
で、敗者の箱から出たのは霊薬が3個。
ってーことは! 勝者の箱からはレアが出るかも!!
わくわくしながら開けてみると、なにやら勲章みたいなのと、加速袋出ました。
その加速袋をさらに開けてみると、、、びっぴ1個!!!
いっこですよ?
勝ったほうがびっぴ1個って。。。

初日になんとなくメインナイトでもらってしまった挑戦状が一枚ありました。
でもなあ、、、メインナイトのレベル帯だとガチバトルに来てる人が多そうだしなあ、、、、
(個人的に)かわいいメインナイトが見ず知らずのガチ勢に蹂躙されて笑われるのは忍びない。
かといって、まともに応戦するだけの気力も技術も装備もない。
どうすっかなあと悩んでいると、クランのごっついDEさんが一緒にやってみるべーと言ってくれました。
談合成立!w(0^__^0)w
レアが出たら分配ってことで、クラチャでタイミングを測って同時クリック!
すんなりと入れました。
そして・・・
150914_2.jpg
あっという間に終了。
1対1だって絶対敵うわけがない看板DEさんが、クリストと同時に襲ってくるなんて反則だああヽ(`Д´)ノ
でもね。この時の報酬、勝ったDEさんは加速袋で、負けたてんちゃがnDAI。
なんか、試合に負けて勝負に勝った気がする今日このごろ。( ̄▽ ̄*)

その後、チャット部アジト班内でサブキャラのレベルを合わせて行ってみようということになりました。
相手のキャラが他クランだったので、PTを組み、PTチャットでタイミングを合わせて入場。
入場後もPTが組まれたままでちょっとワロタw
この時のSS、なぜか撮れてなかったのよねえ。。。撮ったはずなのにい(´Д⊂
もちろん、レア出たら分配ねーの談合試合です。
終わってクリックしてみると、負けた方のてんちゃは活力がひとつ。
勝ったお相手さんはなんと水霊スク出ました!
ここで「レア」の定義が問題となるわけですが、てんちゃとしては戦士技術とかDIGとかの高額なものを想定していて、属性スクってのは想定外でした。
でも、お相手さまが、レアはレアだからと、かわりに大量のびっぴをくれました。
儲かったあああw(0^__^0)w

最後にアジト班の結論。
ガチバトルはやりたくないけど、こういう談合ならまた行きたいなーー♪
いっそのこと、ガチ勢とそれ以外を分けて、別の戦場で実施してくれるといいのになあ。

驚きと哀しみの2end。

150902_1.jpg 150902_7.jpg
あ、、、並べて貼ってみたら大きさが違う、、、orz

請願証書来る! よかったあ。残り僅かになってて心細かったのよねえ。
ってな話をクラチャでしてた直後のことでした。
残り僅かな請願証書を使い果たす勢いで死にまくりました。
場所はハイネのフィールドです。
サブキャラとかじゃないです。メインナイトです。
自殺じゃないです。ネタでもないです。
全裸とかでもないです。
「それでなんで死ぬの?」って。。。本人が一番知りたい(´Д⊂

二度あることは三度あるというので、その後はおとなしくアジトに引き篭もって過ごしました。
ドロップ二倍キター!さあ狩りするどー!と張り切った昨日の出来事でした。
驚きと哀しみのハイネフィールド。

まあ、その話は暗くなるからこっち置いといて。
ハイネといえばその昔、クラハンでよく訪れた場所でした。
昔も昔、リネージュを始めたばかりの頃ですね。
12~13年前かな?
当時は未変身がふつうでしたが、ハイネは未変身で行くとモンスター達に囲まれて死ねる!ってことで、みんな変身していました。
骨とかライカンとかオークスカウトとかで群れをなして繰り出したものです。
ごっついナイトさんがいればその人だけ未変身で餌になってモンスを集め、その周囲からぺちぺちと叩いては倒していくパターン。
広場でべちゃべちゃとだべりながら、ごっついナイトさんが戻ってくるのを待っている時間が楽しかったw

クラハン終了後はハイネの武器屋と道具屋の前の広場で分配するのが恒例になっていました。
で、分配後はそこでまたまたべちゃべちゃとおしゃべりタイムに突入するわけですが、いつも話題になったのがあの椅子に座りたい!ってこと。
150902_3.jpg
この椅子ね。
座れそうで座れない苛立ちの椅子。

そうそう、苛立ちといえばワニ島渡りもたいそう苛立ちました。
当時、マステレを覚えているWIZさんがいなかったのかな?
「連れていってもらう」という発想が誰にもなくて、風車のあたりの突き出た場所からひたすらランテレを繰り返して幸運を待っていました。
すでにブックマークしているクラン員も、そばで「がんばれ!やればできる!できる子だ!」ってな応援を繰り返すのみw
ランテレスクを何百枚も消費しては涙にくれていたものです。

行きたいのに行けない!って場所はいくつもありました。
かすかな記憶の玉とかいうのが出て、そういう「行けない場所」もいくつか簡単に行けるようになってしまいましたけどねえ。
150902_4.jpg
ここもその一つ。
じつはここ、だーりんと二人で何度も何度もチャレンジしていた場所なのです。
結局行けなかったんですけどね。
かすかな記憶玉でここに行けると気づいたときは、嬉しいよりもなんだか侘びしかった記憶があります。
密かな思い出の場所だったのにぃぃ(´Д⊂

そんな行けないはずの場所に立っている人を見ると驚きと羨ましさを覚えます。
逆に、そこに行けたときはちょっとした優越感に浸れますw
ハイネ宿のカウンターの内側に立って驚かせようとしたこともありましたねえ。

なんでこんな話を長々としているかというとですね。
ある日突然・・・
150902_5.jpg
あんなとこに立っている人を見つけたからです!
え? どっから入るんだ?って周囲をウロウロしてみましたが、どこからも入れません。
なんと、ランテレを2千回ほど繰り返して到着したらしいです。
根性あるわーーーwww

なに売ってるのー? あくせさりー?
と、ウインドーショッピングしようとしたら
150902_6.jpg
ぼったくり商店でした。orz
プロフィール

Satisfaction血盟

レイド・攻城戦・ボス狩りなど、Lineageの様々なコンテンツを楽しむための「ぐったり系」血盟。
新規メンバー募集中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
AccessCounter
管理用